Story – Vanishing Goddess 日本語

ストーリー – Vanishing Goddess

日本女性が太古の昔から現在に至るまでの日本の歴史の中で果たしてきた役割を映像と音楽をおり混ぜて紹介します。

古代

日本の最も古い神話によると、太古の昔から、太陽の神として日本を照らし導いたのは、「アマテラス」という女性の神であり、長く平和な世の中が続いていました。アマテラスのように太陽神が女性というのは世界的に珍しいことです。

日本独自の文化は縄文時代から始まったと言われています。諸説はありますが、縄文時代は今から約16500年前から始まり、紀元前1000年くらいまで1万年以上も続いたと言われています。

縄文時代の発掘品からは武器は見つかっていません。つまり当時の日本人は争いのないとても平和な暮らしを紀元前に1万年以上もおくっていたことになります。そして縄文時代の女性たちは、極彩色の文様を施した布地でつくった衣服をまとい、たくさんの装飾品を付けて生活していました。首飾り、耳飾り、腕輪など種類も多く、カラフルで彫刻も施されていました。そうした装飾品は男性たちが作っていたと言われています。その当時の男性の装飾品は腰飾りだけだったことを考えると、女性が非常に大切にされていたということがうかがえます。

その間につくられたと思われる女性をかたちどった土偶がたくさんみつかっていますが、それらは「祈り」の儀式で使われていたようです。女性は神や自然とつながるスピリチュアルな存在としてあがめられていたようです。

3世紀初頭には、卑弥呼という女王が登場します。卑弥呼もやはり「祈り」を通して神や自然と対話し、そこから得たメッセージに従って国を治めていました。卑弥呼が逝去したのち、弟が国の統治を引き継ごうとしましたがうまくいきませんでした。そのため、卑弥呼の女弟子が女王となり、再び平和な世の中を取り戻したということです。

日本では女性存在に対する崇拝と畏敬の念は太古の昔から8世紀前半まで続いていたといわれています。

儒教伝来から戦国時代へ

4世紀頃から中国の儒教道徳の影響を受けて、日本にも「男尊女卑」の考え方が広まっていきます。中世の戦乱の時代を経て、権力統治による封建時代に至ります。武士道が確立されていったその時代は「男の時代」でした。

女性の立場は低くなり、男性に従属するものと考えられるようになりました。そうした中で、12世紀の終わりに巫女として寺社に仕え、神仏に歌と踊りを捧げる白拍子が登場します。その歌と舞は後に日本芸能の能や歌舞伎に発展していきます。彼女たちの歌や踊りは天皇や貴族、武士を魅了して彼らの愛人となることもありました。しかしそうした行為は周囲からさげすまれることはなく、神や仏と通じる神聖な能力の持ち主として彼女たちの立場は守られていました。白拍子の中には家を失った高貴な血筋を引くものも多くいました。その装束は狩衣に高烏帽子、太刀を佩びることもあり、いわば男装の少女でした。

江戸時代

徳川将軍家が国家統一を果たし、戦国時代が終わり、江戸時代が始まります。江戸時代は17世の初めから武家政治が終わる19世紀の半ばまで続きます。戦乱のない平和な時代が訪れ、江戸時代には町人文化が花開きます。

白拍子は専ら芸能に従事する芸者と、高級遊女である太夫または花魁に分かれていきました。太夫は京都での呼び名で、花魁は江戸(東京)での呼び名です。

外国人からは芸者や花魁は男性のためのエンターテイナーという幻想を抱かれたり、偏見をもたれることがあります。しかし、当時の芸者や花魁たちは家族の生活を支えるためや、さらわれてきたために、身を売らざるを得なかったという事情がありました。彼女たちは借金を返すまでは郭をでることはできませんでした。

花魁になるためには類まれな美貌だけでなく、高い教養と芸術に対する造詣の深さも要求されました。

花魁たちは華やかなファッションを競い合いました。庶民たちからはファッションリーダーとしてもてはやされ、「粋」という言葉を体現するアイドル的存在でした。「粋」とは、江戸時代の庶民の美的、道徳的理念です。もとの意味は「心意気」「こころもち」といった意味になり、洗練された人の話しぶり、身のこなし、あるいは身なりなどをさします。品よく色っぽさを見せることを知っている女性を描写するときによく用いられました。「粋」な女性は、意気盛んで、その振る舞いには男勝りのところがあり、好きな男のためなら自らを犠牲にすることも辞さない潔さがありました。一方、その振る舞いは諦めを示すことでもあり、悲しみと孤独をあえて受け入れる姿勢でもありました。花魁も華やかでありながらも郭から出ることの出来ない悲しみを背負っていたからです。

最高ランクの花魁は最上級クラスの武士だけを顧客として受け入れました。彼らとの会話は政治経済に関わるトップシークレットでした。そのような事情も重なって、花魁たちは外の世界との接触を禁じられていました。また顧客との叶わぬ恋に落ちることもあり、愛する人と暮らすことのできない悲しみを抱えて生きていました。閉ざされた世界で生きなければならなかった彼女たちは苦界から解放されることを祈り、非常に信心深かったと言われます。

近・現代

武家政治による江戸時代が終わり、日本は産業化を促進し、戦争を体験しました。そうした中で、女性は愛する人々を奪われる悲しみを味わってきました。

新生(3.11後)

伝説によれば、不死鳥のフェニックスは火山の灰の中から蘇るそうです。2011年3月11日の未曾有の大震災を体験した日本の被災地の人々もこの不死鳥のフェニックスのように再起を遂げてほしいと祈っています。

その願いをこの「新生」と題した写真で表現しました。雪山の上にかかるのは雲ではなく、活火山の噴煙です。日本がフェニックスのように火山の灰の中から再生できるようにと現代の女神が祈っています。古代の女神が人々の幸せと平和を祈り続けたように、現代の女神が人々に幸せをもたらすために平和への祈りを捧げています。

長い日本の歴史の中で、女性が男性に従属して生きることを強いられていた期間はおよそ1500年ほどになります。一方、縄文時代から現在までの時の流れの中で日本女性が崇拝と畏敬の対象であった期間はおよそ15000年にもなります。日本女性が崇められて過ごした期間は女性が抑圧されて過ごした期間の10倍にもなるのです。

また、男性の影として生きていた時代であっても、日本女性は日本の芸能や文化の礎えを築き、日本史上非常に大きな役割を担ってきました。

これから将来にかけてもまた、日本女性には再び平和の象徴として、太陽にように輝きながら生きてほしいと願っています。日本女性が15000年もの間、讃えられ崇められてきたその優美で神聖なる魅力を思う存分に発揮して生きることができるような平和な世の中が実現することを心から祈っています。そうした平和への祈りを捧げながらこのショーを締めくくりたいと思います。

「DreamQuest Records」及び「DreamQuest Sound」からメッセージ

Forever Temple Light

日本の仏教の発祥の地のひとつである京都の山寺には1200年前から灯され続けている「不滅の灯火」があります。オリンピックの聖火は世界の人々の心を繋ぐ平和の象徴です。1200年もの間、数々の戦乱を体験しながらも絶やされることのなかった山寺の灯火は、オリンピック聖火のように人々に平和への希望を与えてくれているような気がします。私たちの祈りを「不滅の灯火」の歌に託します。

DreamQuestからのメッセージ

 私たちは、人々の心を音楽と芸術でつなげたいという思いからドリームクエストの活動を始めました。それがすべての人が幸せに生き、充実した人生を送れるような世の中を実現するための一助となることを願っています。私たちは、たとえ文化的背景や宗教的信条が異なっていても、誰もが心の奥底にもっている無条件の深い愛によってお互いに繋がり合えると信じています。

そうした世の中を実現するために、このショーのテーマであった女性性という視点からひとつの提言をしたいと思います。それは、男性も女性も私たちすべてが周囲の人々との関わりに於いて、もっと女性性のエネルギーを大切にすべきではないだろうということです。私たちは男女を問わず皆、男性性のエネルギーと女性性のエネルギーの両方を合わせ持っています。女性だけでなく男性も、人を信じ、愛し、その人と心安らかに暮らしているときは女性性のエネルギーを発揮しています。現在の世の中は、力や猜疑心、そして競争心に代表される男性性のエネルギーに支配されてすぎているように感じます。そのために人々は孤立し、排他的でストレスの多い生活を強いられています。そうした男性性のエネルギーだけに偏ることなく、愛と信頼と共生を願う想いを支えている女性性のエネルギーをバランスよく発揮することができるようになれば、人々はより深く繋がり合うことができるのではないでしょうか。そしてそれが平和に暮らせる世の中の実現につながると思います。それは決して簡単なことではないでしょう。しかし大切なのは、私たちひとりひとりがそうした平和な世の中を必ず実現できると信じ、そのためにひたすら祈り続けることなのではないでしょうか。

出典:
「英語で話す日本の心」1996年 講談社インターナショナル
https://www.yamatopress.com/beautifuljapanstory/3.html
縄文時代wikipedia : ja.wikipedia.org/wiki/

Copyright:Naoya Yamaguchi & Kumiko Kajitani

 

チケット購入及びインフォメーションはこちら
Vanishing Goddess PAGE TOPへ

.